VOICE

【賛同の声】神谷 亨 先生(洛和会音羽病院 副院長) 

賛同の声 Vol.1

新型コロナウイルスの影響により、人々の自由と行動が制限され、今まで当たり前だと思っていた事が当たり前ではないことに気づいた人が多いのではないでしょうか。特に、会いたい人に会いに行けない場面が増えたことで、人に会って話をすることがどれ程ありがたく大切であるかを私たちは再確認しました。

人生最期の時間に「旅行」に行きたいと願う人がいた時、今日の医療ではほとんど叶えてあげることができません。旅行中に不測の事態が生じる心配が先に立ち、それを引き受けようとする人材も仕組みも存在しないからです。病気を抱えた人でも旅行ができるように支援する「医師のつくる旅行会社」は、あの人に会って感謝の気持ちを伝えたい、お礼を言いたい、家族とじっくり話をしたい、思い出の場所にもう一度行ってみたい、お墓参りをしたいなど、その場所でなければ、その人とでなければ得られない、かけがえのない時間が実現することを支援できる会社です。私は、人生最期の「旅行」を叶える取り組みを応援しています。本プロジェクトへのお力添えを、是非ともよろしくお願い申し上げます。

洛和会音羽病院 副院長 神谷 亨  先生