ご旅行者について

Q:重度の病気があるため、
旅行ができるか不安です。

トラベルドクターは医師のつくる旅行会社として、医療介護面での重症度を理由に旅行をお断りすることはありません。たとえ重度のご病気を抱える方や寝たきりの方、終末期医療を受けている方でも旅行ができる環境づくりに全力で取り組ませていただきます。

Q:医療機器がありますが対応できますか?

医療用酸素や人工呼吸器、ペースメーカーなどの医療機器や、CVカテーテル、尿道カテーテル、胃瘻などを利用されている方もご対応可能です。必要に応じて事前に医療機器メーカーへの確認を行い、旅行中も安全に使用できるように調整させていただきます。

Q:寝たきりですが、旅行はできますか?

寝たきり(要介護 5 )の方でもご旅行が可能です。
ストレッチャー対応の介護タクシーを手配し、目的地までご対応させていただきます。
また飛行機や新幹線内にもベッド等を手配し、お一人おひとりのお身体の状態に最も適した移動手段をご提案させていただきます。

Q:旅行の実現には、誰の許可が必要ですか?

ご旅行の実現には、①ご本人様、②ご家族様、③主治医すべての意思確認が必要です。
また施設にご入居中の方は、施設からの許可が必要となります。

Q:主治医や施設から、旅行の承諾を得られません。

同じ医療従事者として、旅行に対して不安なお気持ちは当然なことと思われます。
旅行の実現に向けてご理解をいただけるよう、トラベルドクターの医療スタッフがご旅行者様に代わって丁寧にご説明させていただきます。旅行の許可が得られない・相談しにくいといった場合でも、ぜひ諦めないでください。

Q:処方はできますか?

トラベルドクターは医療機関ではありませんので、処方はできません。
主治医の先生と事前に連携し、旅行中に必要な薬剤や医療機器等についてご準備させていただきます。

Q:もし旅行中に体調が悪くなったらと心配です。

旅行中の体調変化時における医療への想いは、ただ一つの正解はありません。
大切なことは、体調変化時に救急車を呼ぶだけではなく、ご本人様、ご家族様、主治医や医療従事者の皆さま一人ひとりのお気持ちを事前に確認してご相談をした上で、旅行中にどのような医療を受けたいかについて一緒に方針を決めさせていただきます。

トラベルドクターは、ご旅行者の想いを尊重させていただきます。
旅行中に体調変化が起きにくい旅行プランをご提案させていただき、その上で万が一にも備えることが重要であると考えます。

旅行面について

Q:対応エリアについて教えてください。

離島を含む、47都道府県すべての旅行に対応しています。
日本国内にお住まいのすべての方に、お問い合わせいただけます。

Q:海外旅行は可能ですか?

2023年4月現在、海外旅行には対応しておりません。
順次対応させていただきますので、今暫くお待ちください。

Q:旅行までの期間はどのくらいで可能ですか?

通常は1〜3ヶ月程度かけ、旅行に向けて丁寧にご準備いたします。
緊急での場合は、最短即日〜1週間以内での対応も承ります。

Q:旅行日程が決まっていますが、予約はいつから可能ですか?

ご利用日の6ヶ月前からご予約いただけます。
先着制となりますため、先約がある場合にはキャンセル待ちとなります。
あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

Q:他社で手配した旅行に同行を依頼することは可能ですか?

旅行業の許認可をお持ちの場合は、お受けすることが可能です。
許認可のない法人による旅行の場合は旅行業法違反となる恐れがございますため、ご依頼のお受けを控えさせていただく場合がございます。

旅行料金について

Q:旅行料金は、どのくらいかかりますか?

ご旅行者のご病状や旅行内容によって異なりますが、こちらをご参考ください。

【ご参考金額】
①日帰り旅行(8時間)の場合:30万円〜45万円(税込)
②宿泊旅行(1泊2日)の場合:70万円〜98万円(税込)
③宿泊旅行(2泊3日)の場合:100万円〜150万円(税込)

【前提条件】
・介助を必要とされるご旅行者1名+ご家族3名を想定。
・医療スタッフ(医師、看護師、リハビリ等)1名〜3名分の同行料金を含みます。
・ご旅行者および医療スタッフ分の宿泊料金や交通費を含みます。
・1人あたり10,000円/泊のホテルに宿泊した場合。
・弊社所有の介護タクシーを利用した場合。
・受注型企画料金(98,000円/日もしくは旅行代金総額の20%)を含みます。
・時間外(20時〜翌5時)での介助料金が別途かかる場合がございます。
・出発地は東京都内を想定(遠方の場合は別途、同行スタッフの交通費や前泊費がかかる場合がございます)
・上記の旅行代金総額から最大30万円を、たびかなプロジェクトにて補助いたします(利用条件あり)
※宿泊されるホテルランクや、利用する公共交通機関(航空機や新幹線など)、ご旅行者様の重症度や緊急度により旅行料金の総額が変動する場合がございます。詳しくはお問い合わせください。

Q:保険は使えますか?

旅行に関わる費用に関しては、医療保険や介護保険はご利用いただけません。
ただし主治医や現地医療機関で受けられる医療については、ご自宅や病院内と同様に保険のご利用が可能です。

Q:金銭面であまり余裕がありません。

安全な旅行環境の調整のために多くの時間や労力を要している関係により、旅行代金が高額となってしまい誠に申し訳ありません。しかしトラベルドクターがめざす社会は、一部の富裕層の方だけが旅行へ行けるものではありません。たとえ小さなお子さんや難病を抱える方、金銭的に余裕のない方であっても旅行を叶えられる社会をめざして取り組んでまいります。

金銭的に余裕のない方の願いを叶えるために、トラベルドクターには「たびかなプロジェクト」という、旅行代金の一部または全額を補助する仕組みがございます。詳しくはご相談ください。

Q:たびかなプロジェクトについて、教えてください。

たびかなプロジェクトは、これまで病気や介護を理由に旅行を諦めていたすべての人が、安心して安全に旅行ができる持続的な環境づくりを構築することを目的としたプロジェクトです。ご旅行にかかる費用の一部または全額を、たびかなプロジェクトで補助させていただきます。
詳しくは、お問い合わせ時にご相談ください。

【主な目的】
①ご病気で諦めていた旅行を実現するロールモデルを構築すること
②医療介護従事者及び旅行関連会社と、より安全な旅行実現に向けた連携を確立すること
③プロジェクトを社会へ提示し、啓発を促すこと

医療介護関係者の皆さまへ

Q:主治医や医療従事者から相談することは可能ですか?

主治医の先生や医療スタッフの方からご相談も可能です。
まずは患者様のご意思をご確認いただき、旅行の想いをお聞かせください。
ご希望があればパンフレット等の資料をご送付させていただきますので、お気軽にお申し付けください。

Q:医療搬送は可能ですか?

医療搬送にもご対応が可能です。
患者様のご病状に応じて、医師や看護師等の同乗も手配させていただきます。
また介護タクシーだけに限らず、新幹線や航空機などの公共交通機関を組み合わせた最適な搬送手段をご提案させていただきます。日本国内すべてのエリアにご対応し、長距離搬送も承っております。

Q:トラベルドクターの活動に参加する方法はありますか?

1人でも多くの願いを叶える環境をつくるために、47都道府県のすべてにトラベルドクター医療チームを結成することを目指すにあたり、一緒に願いを叶えるスタッフを募集しております。
ご応募をお待ちしております。

Q:寄付をしたい。

トラベルドクターの活動にご共感いただき、誠にありがとうございます。
当法人へのご寄付は寄附金控除の対象とはなりませんが、ご支援いただいた寄付は、誰もが安心して旅行ができる社会づくりに向けて大切に使用させていただきます。

あなたの想いが、きっと誰かの願いを叶えると信じています。
ご寄付をご検討の方は、ぜひお問い合わせください。

Contact

お問い合わせ (無料)

願いの実現は、ここから始まります。
まずは一歩、勇気を出してご相談ください。

お電話でのご相談はこちら

03-6823-8460

全国どちらでも、ご対応可能です

※多数のご相談をいただいている都合により、お返事が遅れる場合がございます。あらかじめご了承ください。

TOPへ戻る

holiganbetholiganbetjojobetcasibomMeritkingMeritkingcasibom girişgüvenilir bahis sitelerigüvenilir bahis sitelericasibom girişcasibom girişholiganbetholiganbetjojobetcasibomMeritkingMeritkingcasibom girişgüvenilir bahis sitelerigüvenilir bahis sitelericasibom girişcasibom giriş
Ev eşyası depolamaantika satmakMapsEv eşyası depolamaantika satmakMaps